まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-dev:9990] Generational GC"
    on 00/06/09, Masato KIYAMA <masato / csys.ce.hiroshima-cu.ac.jp> writes:

|一応,Rubyに世代別GCを実装してみました.

おおっめでたいっ。

で、これどうしましょうね。寝かせておくのはもったいないように
思うのですが、さすがに1.4系に導入するわけにもいきませんよね。
木山さんにCVSアカウントをあげて枝を作ってもらうのが良いのか
なあ。

|rubyのソースの中で古い世代から新しい世代への
|参照が起こる可能性がある場所にhookをつけることで
|remembered setを作っています.

私もこれが一番悩んだところなんですが、どこにhookを付けました?
Dataが他のオブジェクトを参照する可能性についてはどうしました?

# 私はT_DATAなオブジェクトはすべてremembered setに入れるしか
# ないかと考えたんですが。

|ここ最近ずっとRubyのソースコードをみていたのですが,
|お世辞抜きで,ソースコードの読みやすさには感動しました.
|また,自分の実力のなさを痛感させられる1ヵ月弱でした.
|がんばって,Rubyに貢献できるようになりたいです.

これでRubyのGCが5倍高速になったらすばらしい貢献だと思います
です。

ところで、オブジェクト数が十分多い場合には現在のGCをキックす
る閾値を変えるだけでもそこそこ高速化しそうですが、この件につ
いて考えてみたい人はいらっしゃいませんか?

                                まつもと ゆきひろ /:|}