えぐち@エスアンドイーです。

比較的長いスレッドとなった、Subject: BIGDN により、
  hpux-10.x のCコンパイラが、 x >> y の符合の有無に
  y の符合も関連させている。
事が判ったので、configure により config.h に定義され
マクロ RSHIFT(x,y) をより単純で(おそらく速い)コードに出来ました。

パッチを添付します。

	えぐち

Tue Dec 7 22:15:30 1999 EGUCHI Osamu <eguchi / shizuokanet.ne.jp> * configure.in: Modified rb_cv_rshift_sign detect routine and more simple/fast RSHIFT() for hpux-10.x. Index: configure.in =================================================================== RCS file: /usr/home/eguchi/cvs.netlab.co.jp/ruby/configure.in,v retrieving revision 1.9 diff -d -u -r1.9 configure.in --- configure.in 1999/12/07 09:23:23 1.9 +++ configure.in 1999/12/07 12:57:36 @@ -260,7 +260,7 @@ int main() { - if (-1==(-1>>(unsigned)1)) + if (-1==(-1>>1)) return 0; return 1; } @@ -269,7 +269,7 @@ rb_cv_rshift_sign=no, rb_cv_rshift_sign=yes)]) if test "$rb_cv_rshift_sign" = yes; then - AC_DEFINE(RSHIFT(x,y), ((x)>>y)) + AC_DEFINE(RSHIFT(x,y), ((x)>>(int)y)) else AC_DEFINE(RSHIFT(x,y), (((x)<0) ? ~((~(x))>>y) : (x)>>y)) fi