原です。

In message "[ruby-dev:8315] Re: [ruby-list:18601] Re: [REQ] [].grep(pat){} ==> [].grep(pat).collect{}"
    on 99/11/15, Kazunori NISHI <kazunori / swlab.csce.kyushu-u.ac.jp> writes:
|
|西@九大です。

|┌------------┬----------┬------------┐
|配列数\種類|元の値    |加工した値  |
|├------------+----------+------------┤
|一定        |.select{} |.collect{}  |
|├------------+----------+------------┤
|可変        |.grep(pat)|.grep(pat){}|
|└------------┴----------┴------------┘
|とした方が、よく使われる(経験上&推測)右下のメソッドが補充できるばかり
|か、grep の返り値における直観的イメージ(個数)にも合い、精神衛生上よい
|と感じています。

ほとんど賛成なんですけど、この表は少しずれていません?いわば、

┌------------┬----------┬------------┐
|配列数\種類|元の値    |加工した値  |
├------------+----------+------------┤
|一定        |.to_a     |.collect{}  |
├------------+----------+------------┤
|可変        |.grep(pat)|.grep(pat){}|
└------------┴----------┴------------┘

が正しいのかな。すると select 用の表が必要になってきて、

┌-----------------┬----------┬------------┐
|blockで選別\種類|元の値    |加工した値  |
├-----------------+----------+------------┤
|なし             |.to_a     | .collect{} |
├-----------------+----------+------------┤
|あり             |.select{} |            |
└-----------------┴----------┴------------┘

ということですかね。[ruby-list:18600] では右下が空いてるなあという話だっ
たんですが。あと、find 版というのもあって、、、、うーむ。もう少し整理し
たいなあ。