小松です。

In the message of [ruby-dev:8013] [PATCH] BeOS R4.5.2(Intel) support
    on 1999/10/13 18:38:09 Katsuyuki Komatsu <komatsu / sarion.co.jp> wrote:
|[ruby-list:17636]で予告のBeOS R4.5.2(Intel)のサポートです。
|make testを通すためには[ruby-dev:7986]のrubytest.rbのパッチも
|必要です。
|
|1.  MANIFESTにbeos/GNUmakefile.inを追加した。
|2.  beos/GNUmakefile.inを追加し、miniruby作成後で拡張ライブラリ
|    作成前にlibruby.soを作成するようにした。
|3.  configure.inでXLDFLAGSとFIRSTMAKEFILEを設定した。

今日になってみると、beos/GNUmakefile.inでrbconfig.rbに$(LIBRUBY_SO)
を依存させていたのはあまりにかっこわるいので、パッチを出し直します。

# [ruby-dev:8013]から変わったのはbeos/GNUmakefile.inだけです。

|まだ、ext/socketは通りませんので、ext/socket/MANIFESTを一時的に
|ext/socket/MANIFEST.dist等にmvしておくと、ext/socket/socket.soの
|作成がバイパスされるのでよいかもしれません。

コンパイルは通して、require "socket"までできましたが、まともに動か
ないですねえ。mswin32と同様な対策が必要なんですが、ちょっと面倒。

[ruby-list:17250]によるとファイル/ソケットディスクリプタが統合
される予定があるみたいなので、それまで我慢するのが得策かも……

diff -ru2pN ruby-1.4.2.dist/MANIFEST ruby-1.4.2/MANIFEST --- ruby-1.4.2.dist/MANIFEST Sat Sep 18 15:44:51 1999 +++ ruby-1.4.2/MANIFEST Wed Oct 13 18:26:03 1999 @@ -76,4 +76,5 @@ variable.c version.c version.h +beos/GNUmakefile.in beos/ruby.def.in cygwin/GNUmakefile.in diff -ru2pN ruby-1.4.2.dist/beos/GNUmakefile.in ruby-1.4.2/beos/GNUmakefile.in --- ruby-1.4.2.dist/beos/GNUmakefile.in Thu Jan 1 09:00:00 1970 +++ ruby-1.4.2/beos/GNUmakefile.in Thu Oct 14 12:05:45 1999 @@ -0,0 +1,5 @@ +include Makefile + +all: $(LIBRUBY_SO) + +$(LIBRUBY_SO): miniruby$(EXEEXT) diff -ru2pN ruby-1.4.2.dist/configure.in ruby-1.4.2/configure.in --- ruby-1.4.2.dist/configure.in Mon Aug 30 16:00:47 1999 +++ ruby-1.4.2/configure.in Wed Oct 13 18:28:55 1999 @@ -627,4 +627,5 @@ if test "$fat_binary" = yes ; then fi +FIRSTMAKEFILE="" LIBRUBY_A='lib$(RUBY_INSTALL_NAME).a' LIBRUBY='$(LIBRUBY_A)' @@ -643,4 +644,6 @@ if test "$host_os" = "beos"; then i586*) LDFLAGS="$LDFLAGS -L." + XLDFLAGS='-Wl,-rpath,${prefix}/lib' + FIRSTMAKEFILE=GNUmakefile:beos/GNUmakefile.in ;; *) @@ -651,5 +654,4 @@ if test "$host_os" = "beos"; then fi -FIRSTMAKEFILE="" LIBRUBY_LDSHARED=$LDSHARED LIBRUBY_DLDFLAGS=$DLDFLAGS -- 小松克行 / Katsuyuki Komatsu <komatsu / sarion.co.jp>