>>とりあえず case EALREADY: (553行目)を削ると
>>|	- EALREADYなどのとき、thread_connect()から返らない。EISCONNに
>>|	  なるまでは返ってはいけない。
>>は実現できるような気がするんですが,実際ナニが起きているのか
>>良く分からないんで,全然自信が無いです.これじゃ絶対足りなそ
>>うな気配が...
>>もしかするとconnectが成功する(0を返す)だけじゃ不十分だという
>>ことなんでしょうか?
>	現在のコードだと、threadが1本しかない場合、connect()が0を返して
>	いないのにthread_connect()から戻ってます。case EALREADYに
>	たどりついた場合、そのまま戻っちゃいますよね。

	anonymous cvsで吸った今日のコードは大丈夫みたいです。
	ありがとうございます。

itojun