まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-dev:6897] install report (1.3.3-990518)"
    on 99/05/19, Katsuyuki Komatsu <komatsu / sarion.co.jp> writes:

|(1) ruby-1.3.3-990518.tar.gzにext/kconvとext/mandelが追加されて
|    いますが、ext/kconvはobsoleteになった ([ruby-dev:6710]) はず。

あー,そうですね.なんかCVSの使い方が間違ってるみたいで,何
回消しても復活するんですねえ.また,調整します.

|(2) HP-UXのccでregex.cの変数partが未初期化という警告が出てました
|    が……すでに[ruby-dev:6894]で渡辺さんが報告済みでした。

はい,対応しました.

|(3) AIXのgccで以下が出ますが……無視してよさそうですね。
|
|../parse.y:3134: warning: comparison is always 1 due to limited range of data type

うーん,気持ち悪いので is_identchar() にキャストを追加してお
きます.

|(4) AIXで-bI:$(ruby_inc)/ruby.impではなく-bI:$(hdrdir)/ruby.impに
|    しないとruby.impが読めないというエラーでext/の下の拡張ライブラリ
|    のリンクに失敗してしまいました。
|    添付のパッチをconfigure.inにあててautoconfかけて対処。
|
|    $(hdrdir)/ruby.impに変えてもextの下「以外」の拡張ライブラリの
|    作成が問題ないことは確認しています。

パッチ当てます.

|(5) ext/extmk.rbでmakeが決め打ちなので、たとえば「makeでVPATHが
|    うまく動かないのでgmakeという名前のGNU makeを使おう」と
|    したときにうまくいかず、拡張ライブラリのコンパイルに失敗して
|    しまいます。
|    extmk.rbに$(MAKE)を引数として渡すことができるといいのかな?

extmk.rbの make を $(MAKE) にしてみましょうか.

|(6) Build Directoryを作成した場合、installがBSD互換でない
|    マシンでextの下「以外」で拡張ライブラリを作成すると
|    インストールに失敗します。
|
|    対応は、Build Directoryもrbconfig.rbに、たとえば
|    CONFIG["topdir"]で覚えさせておいて、lib/mkmf.rbで
|
|        if $install =~ %r!^[^\s/]+/! then
|          $install = CONFIG["topdir"]+"/"+$install
|          $install_data = CONFIG["topdir"]+"/"+$install_data
|        end
|
|    とするといった感じでしょうか。

ちょっと検討してみます.どうもありがとうございます.