Issue #16490 has been updated by taca (Takahiro Kambe).


本件は少なくともRuby 2.7.3辺りでは起きなくなっていますので、チケット自体はcloseしていただいても問題ないと考えています。

> dependファイルを直してコンパイルしてみてもエラーになりますので、
これは、コンパイラのオプションに-Werror付けている環境の問題と考えられます。

実際、-Werrorの付かない環境ではウォーニングを出すものの、正常にコンパイルは完了しています。

もちろん、ウォーニングを出さない様に修正すべきでしょうけれど。
(そもそも、tmailは現在はメンテされてるのでしょうか...?)

----------------------------------------
Bug #16490: mkmf.rbの非互換な変更
https://bugs.ruby-lang.org/issues/16490#change-93285

* Author: taca (Takahiro Kambe)
* Status: Third Party's Issue
* Priority: Normal
* ruby -v: ruby 2.7.0p0 (2019-12-25 revision 647ee6f091) [x86_64-netbsd]
* Backport: 2.5: UNKNOWN, 2.6: UNKNOWN, 2.7: UNKNOWN
----------------------------------------
tmailのrubygem 1.2.7.1をインストールする際に、
```
make "DESTDIR="
make: don't know how to make /usr/pkg/include/ruby-2.7.0/defines.h. Stop

```
といったエラーを起こします。Makefileの最後の依存関係の記述は
```
###
tmailscanner.o: tmailscanner.c $(hdrdir)/ruby.h $(arch_hdrdir)/ruby/config.h $(hdrdir)/defines.h Makefile

```
となっていますが、Ruby 2.6では`$(hdrdir)/defines.h`ではなく`$(hdrdir)/ruby/defines.h`となっていました。
なお、tmail側を見ると`ext/tmailscanner/tmail/depend`の内容が、
```
tmailscanner.o: tmailscanner.c $(hdrdir)/ruby.h $(topdir)/config.h $(hdrdir)/defines.h Makefile
```
となっていて、`defines.h`だけ置き換えられていない様に見えます。

r 67033 のmkmf.rbのdepend_rules()に対する変更を戻すとRuby 2.6と同じ挙動になる様です。





-- 
https://bugs.ruby-lang.org/