木村です。

From: Tanaka Akira <akr / fsij.org>
Subject: [ruby-dev:50899] Re: DBMモジュールが使うバックエンドをrubyをビルドする際に指定する方法について
Date: Fri, 20 Dec 2019 14:43:23 +0900

> とりあえず ruby-2.6.5 で ./configure --with-dbm-type=qdbm は動く気がします。
> 
> % sudo apt install libqdbm-dev
> % mkdir /tmp/a
> % cd /tmp/a
> % ./configure --with-dbm-type=qdbm --prefix=/tmp/a
> % make
> % grep -i qdbm ext/dbm/extconf.h
> #define RUBYDBM_DBM_HEADER "qdbm/relic.h"
> #define RUBYDBM_DBM_TYPE "qdbm"
> #define DBM_HDR <qdbm/relic.h>
> % ldd ./.ext/x86_64-linux/dbm.so
> linux-vdso.so.1 (0x00007fff103e7000)
> libqdbm.so.14 => /lib/libqdbm.so.14 (0x00007fda759c5000)
> libm.so.6 => /lib/x86_64-linux-gnu/libm.so.6 (0x00007fda75842000)
> libc.so.6 => /lib/x86_64-linux-gnu/libc.so.6 (0x00007fda75681000)
> libz.so.1 => /lib/x86_64-linux-gnu/libz.so.1 (0x00007fda75463000)
> libpthread.so.0 => /lib/x86_64-linux-gnu/libpthread.so.0 (0x00007fda75442000)
> /lib64/ld-linux-x86-64.so.2 (0x00007fda75a2f000)
> 
> libqdbm がリンクされているのが確認できます。

あれ、そうですか。apt使っているってことはDebianかUbuntuですよね。私が
試したのはFreeBSDなのですが、ライブラリやヘッダファイルの場所の違いが
影響しているんですかね。もう少し詳しく調べてみることにします。ありがと
うございました。

---
木村 康浩