Issue #5368 has been updated by mame (Yusuke Endoh).


現状の整理です。

```
Thread.new do
  begin
    sleep
  ensure
    sleep
  end
end
```

もともとは上のコードで CPU 使用率 100% でフリーズしていたという問題でしたが、現状は次のようになってます。

* CPU 使用率 100 % は解決済
* Ctrl+C から 1 秒くらいで終了する

rb_thread_terminate_all は、永遠に待つのではなく、1 秒ごとにポーリングするようになったためです(#14090)。つまり現状は、子スレッドがおそすぎる ensure 処理をやってる間に Ctrl+C が来たら 1 秒くらいで終了するようになっています。
#1952 で、rb_thread_terminate_all の後に子スレッドが生きていると SEGV するケース(子スレッドから親に例外を投げる)を自分が示しましたが、このケース自体は kosaki さんによって対応済みのようです。他に問題があるかはわかりません。

----------------------------------------
Bug #5368: ensure節でsleepするようなThreadがあるとインタプリタが終了しない
https://bugs.ruby-lang.org/issues/5368#change-71403

* Author: Glass_saga (Masaki Matsushita)
* Status: Assigned
* Priority: Normal
* Assignee: kosaki (Motohiro KOSAKI)
* Target version: 
* ruby -v: -
* Backport: 
----------------------------------------
=begin
次のコードを実行するとCPU使用率が跳ね上がった状態になりインタプリタが終了しません。

 Thread.new do
   begin
     sleep
   ensure
     sleep
   end
 end

現在のrb_thread_terminate_allでは最初に1回だけ生きているスレッドに対してterminate_iを実行していますが、ensure節でsleepするようなThreadがあると、そのThreadは寝たままになってしまいwhile(!rb_thread_alone())が無限ループになってしまいます。

while(!rb_thread_alone())の毎回のループでカレントスレッドがメインスレッドであった場合に、生きているスレッドに対してterminate_iを実行するようなpatchを書いたところ、このバグは再現しなくなりました。
patchを添付します。patchの適用後もtest-allをパスします。
=end

---Files--------------------------------
patch.diff (795 Bytes)


-- 
https://bugs.ruby-lang.org/