田中です。

2018年2月17日 4:09 t. Kad <pute.tk / gmail.com>:

> NUM2Uxxxの挙動がドキュメントに従っていない。
> ドキュメントでは符号無し整数で表せない負数が渡されると
> RangeError を発生させることになっているが、
> 実際には wrap around した正数が返ってくる。
> ドキュメントのとおりに例外を投げるべきでは?
> ※細かい変更のくせに実装を変更する影響が大きいので
> 誰も見ないふりをしてる(ように見える)。

NUM2Uxxx のドキュメントって、どこにあるものを指しているでしょうか?

たぶん、ruby 本体には入っていないと思うんですが。

> 1. RangeError を発生するよう実装を変更する
> - メリット:ドキュメント通りの動作になり、マクロ名からも想定可能な動作になる
> - デメリット:影響範囲が広すぎて修正が大変・管理されていない外部ライブラリを切り捨てることになる

これをやるなら、それによってアプリケーションが実際にうれしいことを示したほうがいいと思います。
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]