えぐち@エスアンドイー です。

>>> On Fri, 12 Feb 1999 11:31:34 +0900, えぐち said:

えぐち> えぐち@エスアンドイー です。
...
えぐち>  『and/or/not を arg に昇格する』
えぐち> 
えぐち> という仕様変更リクエストであれば妥当だと思います。
えぐち> 
えぐち> ただ添付のパッチの様に実装を変更すると、
えぐち> 
えぐち>   bison -y -d ../parse.y
えぐち>   conflicts:  233 shift/reduce
えぐち> 
えぐち> するのと、lib/ftools.rb:158 辺りの
えぐち> 
えぐち>   def install(from, to, mode = nil, verbose = false)
えぐち>     to = catname(from, to)
えぐち> =>  unless FileTest.exist? to and cmp from, to
えぐち>       unlink to if FileTest.exist? to
えぐち>       cp from, to, verbose
えぐち>       chmod mode, to, verbose if mode
えぐち>     end  
えぐち>   end
えぐち> 
えぐち> がエラーとなります。

単項の   not 式   および  ! 式  には、この種の問題はないので、
expr から arg に昇格させて下さい。

それから、 and, or, not の様な単語演算子シリーズに

	nand
	nor
	xor

を追加して頂けませんか?

	LEFT nand RIGHT	=> not LEFT and not RIGHT
	LEFT nor RIGHT	=> not LEFT || RIGHT
	LEFT xor RIGHT	=> !LEFT != !RIGHT

です。

短所:
  予約語の追加となるので、従来のコードで使っている
  シンボル nor/nand/xor との間に conflict が生じる

長所:
  コマンドラインからの一行実行に便利!

    def finite?
      inf? nand nan?
    end

  って感じです。

	えぐち

いゃぁ〜、7400 の絵を思い浮かべない人には、便利ぢゃないかも ;p