Issue #13191 has been updated by znz (Kazuhiro NISHIYAMA).


ruby 2.4.2p131 (2017-05-10 revision 58637) [x86_64-linux] で試してみたところ、 r57530 も backport しないと C-z がきかないようです。

exit したときに shl.rb のプロンプトに戻ってこないので trunk で試してみたら同じ状態でした。
具体的には以下のように exit の後、操作が効かなくなるので C-z で止めて、再度 0 で選ぶと ThreadError になって shl.rb が終了します。

```
% ruby -v
ruby 2.5.0dev (2017-05-20 trunk 58810) [x86_64-linux]
% ruby sample/pty/shl.rb
>> p
>> c
% (一度戻って確認のためC-z)>> p
0
>> 0
(プロンプト再表示のためEnter)
% exit
% exit
(操作が効かないのでC-z)>> p
0
>> 0
Traceback (most recent call last):
        1: from sample/pty/shl.rb:86:in `<main>'
sample/pty/shl.rb:86:in `run': killed thread (ThreadError)
```

----------------------------------------
Bug #13191: sample/pty/shl.rb がうまく動かない
https://bugs.ruby-lang.org/issues/13191#change-64978

* Author: znz (Kazuhiro NISHIYAMA)
* Status: Closed
* Priority: Normal
* Assignee: 
* Target version: 
* ruby -v: r57530
* Backport: 2.2: REQUIRED, 2.3: DONE, 2.4: DONE
----------------------------------------
sample/pty/shl.rb で c で起動したシェルを exit で終了した時に終了がうまく検知できないようです。

r57530 の修正がないと 1.8.6 でも動かなかったので、その修正をしたもので試したのですが、1.8.6 や 1.8.7 で試すとメインスレッドに `PTY::ChildExited` が発生して、`writer` メソッドの `STDIN.getc` が中断して rescue 節で `'Exit'` が返り、うまく終了が検知できました。

たぶんネイティブスレッドを使うようになった 1.9 以降(?)だと思うのですが、`PTY::ChildExited` が発生せず、`ps` コマンドで確認するとシェルが defunct になっています。

ここまでは調べられたのですが、ちょっと調べた限りでは、これが `sample/pty/shl.rb` のバグなのか `ext/pty` のバグなのかわかりませんでした。



-- 
https://bugs.ruby-lang.org/