えぐち@エスアンドイー です。

>>> On Wed, 10 Feb 1999 01:00:07 +0900, えぐち said:

えぐち> えぐち@エスアンドイー です。
えぐち> 
えぐち> >>> On Tue, 9 Feb 1999 21:51:00 +0900, keiju / rational.com (石塚圭樹 ) said:
えぐち> 
えぐち> keiju> けいじゅ@日本ラショナルソフトウェアです.
..
えぐち> keiju> 何か方向性があるんですね.
えぐち> keiju> 
えぐち> keiju>   Integer <-> Float <-> Rational <- Complex <- Matrix
えぐち> keiju>   |---- 精度を持つクラス ------|
えぐち> keiju> 
えぐち> keiju> 精度を持つクラスといわれている部分はお互いに変換可能ですが, そうでない
えぐち> keiju> クラスは, その構成要素となりうるものが何であるかによって変わわってくる
えぐち> keiju> と. 
えぐち> keiju> 
えぐち> keiju> coerceと同じく, precとinduced_fromでそのタイプが変換して良いか悪いか判
えぐち> keiju> 断するようにしたらいががでしょう?
えぐち> 
えぐち> 精度を持つと言われるグループのクラスに
えぐち> 
えぐち>  + 取り得る値の最大値(2を底とした指数)
えぐち>  + 取り得る値のゼロへの最近値(2を底とした指数)
えぐち> 
えぐち> をクラス定数として持たせ
えぐち> 型変換の必要になった時に
えぐち> 
えぐち> 	現在の値
えぐち> 
えぐち> を受容し得る方の型に変換すると言うのは
えぐち> 如何でしょうか?

値を変換の判断に使うのは、さすがにおかしいと
冷静に考えて気づきました。 ^^;;;;

気持ちとしては

	1.0 * (10 ** 999)
	=> Inf
が
	=> 100000.....0

になればなぁ〜、と言うのがあったわけですが。
これは Bigfloat が実装されるまでお預けですね ^^)l

	えぐち