Issue #11770 has been updated by Kaneko Yuichiro.


> 将来的には$KCODEの特別扱いをなしにしたい
$KCODEを削除するという意味でしょうか?
現時点ではwarningがでることをテストしておいてもいいのかなと思っています。

> $=は$KCODEとは別です。
誤解していました、ありがとうございます。
`test_KCODE_warning`と`test_ignorecase_warning`に分割します。
また細かい修正になりますが、以下のテストの3・4番目のasserttionを`test_ignorecase`に切り出したほうがいいですね。

```ruby
  def test_KCODE
    assert_nil($KCODE)
    assert_nothing_raised { $KCODE = nil }
    assert_equal(false, $=)
    assert_nothing_raised { $= = nil }
  end
```

----------------------------------------
Misc #11770: [PATCH] $KCODEへの代入時にwarningが発生することのテストを追加
https://bugs.ruby-lang.org/issues/11770#change-55250

* Author: Kaneko Yuichiro
* Status: Open
* Priority: Normal
* Assignee: 
----------------------------------------
testケースがなかったので、追加します。

---Files--------------------------------
0001-Add-test-cases-for-KCODE-warning.patch (749 Bytes)


-- 
https://bugs.ruby-lang.org/