Issue #11217 has been updated by Koichi Sasada.

Status changed from Closed to Feedback

報告ありがとうございます。
とりあえず、同じレイアウトの構造体を使うようにしてみましたが(ちょっとかっこ悪い)、いかがでしょうか。

----------------------------------------
Bug #11217: vm_method.c compile error by fcc on Solaris 10
https://bugs.ruby-lang.org/issues/11217#change-52757

* Author: Naohisa Goto
* Status: Feedback
* Priority: Normal
* Assignee: Koichi Sasada
* ruby -v: ruby 2.3.0dev (2015-06-03) [sparc64-solaris2.10]
* Backport: 2.0.0: UNKNOWN, 2.1: UNKNOWN, 2.2: UNKNOWN
----------------------------------------
Solaris 10 上の古いfccにて、r50728以降、vm_method.c (vm.c から読み込まれる)のコンパイルに失敗します。

下記はr50750でのエラーメッセージです。

~~~
fcc -O2 -KV9 -KVIS2  -DRUBY_EXPORT -I/usr/local/64/lib/libffi-3.0.10/include -I/usr/local/64/include   -I. -I.ext/include/sparc64-solaris2.10 -I./include -I. -o vm.o -c vm.c
(中略)
"./vm_method.c", line 567: error: initialization: constant expression is expected for variable: `iseq_body'
(中略)
make: *** [vm.o] Error 1
~~~

該当行付近は以下のような感じです。「この行でエラー」の部分でエラーになります。

~~~
void
rb_add_method_iseq(VALUE klass, ID mid, VALUE iseqval, rb_cref_t *cref, rb_method_visibility_t visi)
{
    rb_iseq_t *iseq;
    GetISeqPtr(iseqval, iseq);
    {
	rb_method_iseq_t iseq_body = {iseq, cref}; /* ←この行でエラーになる */
	rb_add_method(klass, mid, VM_METHOD_TYPE_ISEQ, &iseq_body, visi);
    }
}
~~~

このコンパイラは、構造体の初期化を変数で行うのには対応していないようです。
バージョンは以下のとおりです。
(古過ぎる?しかし売り物なので、そう簡単にバージョンアップできない。)

~~~
% fcc -v
fcc: Fujitsu C Compiler Driver Version 5.6 (Nov 24 2006 14:03:59)
usage: fcc [options] files
~~~

通常、ひとつずつ代入するように修正すれば問題ないのですが、この構造体のメンバは以下のように全部constになっているため、一筋縄ではいかなさそうでした。

~~~
typedef struct rb_method_iseq_struct {
    rb_iseq_t * const iseqptr;                    /* should be separated from iseqval */
    rb_cref_t * const cref;                       /* shoudl be marked */
} rb_method_iseq_t;
~~~




-- 
https://bugs.ruby-lang.org/