三浦です

> そこは型推論を使用して、自動汎化された型が伝播し、伝播先で使用した
> メソッドもキャップテーブルのメンバーとすれば良いのではないでしょうか?

それも可能でしょうし、もっといえばプログラム中に現れるすべてのメソッドの
表を作ってしまえばいいかもしれません。
問題は、必要なメモリ量またはテーブルをつくる計算量です。
テーブルを現実的な大きさと時間で作るのはやはり困難かと思います。

> これは痛い。気づきませんでした。が、考えてみると・・・
> 動的な条件のもと、varに代入されたものは自動汎化の対象とする、
> と単純に考えるのでは駄目ですか・・・?
> 逆に言えば、静的な条件のもとvarに代入されたX, Yにはそれぞれ
> 静的に束縛できる訳で。コードをコンパイル時に実行したとして。
>
おそらく、静的な条件の条件分岐って条件コンパイルとかデバッグ目的とか
特殊な場合しかないと思います。そして、普通ちょっと気のきいたコンパイラなら
静的な条件の分岐は条件が無いものとしてコンパイルします。

> 私は専門家ではなく、無学な人間なので、この部分はよく理解できません
> でした。このようにすると、静的束縛でかつ型指定のないダックタイピングが
> できるのでしょうか?教えていただけたら幸いです。
>
申し訳ありません。これは静的型付けの話ではなく、動的型付けでいかに速く
動くコードを得るかの話です。ChromeやFirefoxで動くJSのJITコンパイラでは
この手のテクニックが使われているはずです。