Issue #9870 has been updated by Akira Tanaka.


対応するかどうかはどっちでもいいと思っているのですが、
なにが起きたのか調べたので書いておきます。

どうも、Debian GNU/Linux wheezy で、libssl-dev のバージョンが上がった際に、
SSL_OP_MSIE_SSLV2_RSA_PADDING というマクロが消えたようですね。

libssl-dev_1.0.1e-2+deb7u7_amd64.deb には存在しますが、
libssl-dev_1.0.1e-2+deb7u9_amd64.deb には存在しません。

調べると、openssl 自身がそういうことをしたようです。
https://github.com/openssl/openssl/commit/dece3209f299ebcd82414868ee39b2c6feb3be0a
なんか、フラグの値を再利用したっぽいですね。
けっこう前から SSL_OP_MSIE_SSLV2_RSA_PADDING は意味のないオプションだったようです。

そして、それはソースコード非互換だということで、後で (値は 0 として) 付け加え直しているようです。
https://github.com/openssl/openssl/commit/3c6c139a07353b9fc4b27feb33a089cca346ce75


----------------------------------------
Backport #9870: Please backport r44402
https://bugs.ruby-lang.org/issues/9870#change-46947

* Author: Hiroshi SHIBATA
* Status: Open
* Priority: Normal
* Assignee: 
----------------------------------------
セキュリティフィックスのみというステータスですが、debian wheezy でビルドできないようです。

http://chkbuild002.hsbt.org/chkbuild/ruby-1.9.3/log/20140528T031623Z.fail.html.gz

r44402 のバックポートをお願いします.



-- 
https://bugs.ruby-lang.org/