Issue #8484 has been updated by Nobuyoshi Nakada.

Description updated

----------------------------------------
Bug #8484: Restoring conditions through the ruby method call during VM processing
https://bugs.ruby-lang.org/issues/8484#change-46320

* Author: Yui NARUSE
* Status: Assigned
* Priority: Normal
* Assignee: Koichi Sasada
* Category: YARV
* Target version: current: 2.2.0
* ruby -v: ruby 2.1.0dev (2013-06-03 trunk 41049) [x86_64-freebsd9.1]
* Backport: 1.9.3: UNKNOWN, 2.0.0: UNKNOWN
----------------------------------------
r41041 で、ブロック呼び出し前の VM 内の処理中に Ruby のメソッドが何らかの理由で呼ばれると argv が壊れるという問題を直しました。
具体的には、

~~~ruby
y = Object.new
def y.s(a)
  yield(a)
end
m = Object.new
def m.method_missing(*a)
  super
end
assert_equal [m, nil], y.s(m){|a,b|[a,b]}
~~~

のようなコードの場合、
* `y.s` に `m` と `block` が渡される
* `y.s` で `yield(a)` が呼ばれる
* `argv`が設定される
* `vm_invoke_block` 内の `VALUE * const rsp = GET_SP() - ci->argc; SET_SP(rsp);` で `argv` の先頭に `sp` が設定される
* `vm_yield_setup_args`
* `vm_yield_setup_block_args`
* `y.s` のブロックパラメータは2つなのに、引数は一つなので、`a.to_ary` が呼ばれる (`rb_check_array_type(arg0)`)
* `method_missing` が呼ばれる
* `super` が呼ばれる (このへんで `vm _push_frame` が呼ばれる)
* `vm_push_frame`のinitialize local variablesのところで`argv`に`nil`が代入されて破壊される

で、これ自体は `argv` を対比しておいて戻せばよいです。
また、`SET_SP(rsp)`のあたりは、ささださん曰く「 `argv` に書き込みがない、という前提でそこは作ってるんだよね」だそうな。
しかし、「そんな前提わかるかっ」ですし、
methodの方は `SAVE_RESTORE_CI(tmp = rb_check_convert_type(ary, T_ARRAY, "Array", "to_a"), ci);` ともうちょっとわかりやすく書いてあるので、
「頂いた問題点を元に、一度全部総点検が必要そうです」とのことですので、お願いします。




-- 
https://bugs.ruby-lang.org/