笠原です。

* From: matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto)
* Date: Thu, 4 Feb 1999 16:38:18 +0900

> うーん,autoconfは機能が良く分かるんですが,automakeはいまい
> ちピンと来ません.Makefileのターゲットが揃うのは嬉しい人はい
> るでしょうが.

私が使ってみた感じでは、間違いとか中途半端な記述を減らせることと、長い
目でみて労力が減らせることが導入の利点です。欠点は、使い方を覚えるまで
の時間と移行の手間です。


> そうなんでしょうか.実際問題として拡張ライブラリの作者にすべ
> からくconfigure.inを書いてもらうというのはextconf.rbを書いて
> もらうのに対して負担が大きいような気がしています.

configure.in や Makefile.am の書き方を知らないで書くわけにもいかないの
で、書き方を覚えるとなると負担はたしかに増えます。今回の議論に mkmf.rb,
extconf.rb まで含めたのは、私の思慮が足りませんでした。すみません。以
後、mkmf.rb, extconf.rb は対象から外して下さい。

ただ、拡張ライブラリの *.c では、機種依存の記述のチェックはしていない
ようです。チェックしようと思ったら....といいますか、私は本来なら必要だ
と思うのですが、configure.in によるチェックが必要になります。

けれども configure.in を使うと今度は exconf.rb が使えなくなります。
mkmf.rb, extconf.rb を使うというのは、機種依存の記述のチェックには目
をつぶる、という側面を持っているように思うのですが、こうした理解はあっ
ていますか?


> ですが,AC_CONFIG_SUBDIRSって動的に増えるサブディレクトリに
> 対応できましたっけ?

「動的」というのが、「あるディレクトリの下に存在するサブディレクトリ
すべて」というような指定ができるかどうかと言われれば、できません。が、
ext の下のサブディレクトリを静的に羅列するのって、そんなに管理の労力
が要りますか。

ごめんなさい。まず先にお伺いすべきでしたが、そもそも ext/Makefile.in 
ではなく ext/extmk.rb.in を使用している本質的な理由って、何でしょうか。 


> extmk.rbやinstruby.rbの本質的な問題と現状のいたらなさを分離
> していただけると幸いです.

いえ、こちらこそお付き合い頂きまして、恐縮です。(_o_)
______________________________________________________________________
                                          笠原 基之(かさはら もとゆき)