ふなばです。

lib/README の date2.rb の説明ですが、 Julian date は、ユリウス暦での日
付、というふうに解釈される可能性が大きいです。ユリウス日の意味でつかわ
れることもありますが、結構少ないように思います (Julian って3種類くらい
の意味でつかわれていますからヤヤコシイ)。Julian day number は一般的で、
誤解もないと思います。

based on Julian day number と書いても、date2.rb の本質とは関係ないので、
大して意味はないですが、based on Julian dateでは、とくに旧暦をあつかう
ために存在する、と思われかねないように思います

# lib/README というものがあるのに、今の今まで気がつきませんでした。

ふなば ただよし