ささだです.


 trunk では,拡張ライブラリをビルドするとき,下記のようなオプションがつ
きます.

gcc -I. (snip) -Wall -Wextra -Wno-unused-parameter -Wno-parentheses
-Wno-long-long -Wno-missing-field-initializers -Wunused-variable
-Wpointer-arith -Wwrite-strings -Wdeclaration-after-statement
-Wimplicit-function-declaration -ansi -std=iso9899:199409  (snip)

 -ansi -std=iso9899:199409 のあたりで,inline や // でのコメントアウト
を利用している拡張ライブラリがビルド出来ない感じです.
(inline については,ruby.h を include していれば適切に入れ替えられるん
ですが,ruby.h を include していない *.c をビルドする可能性もあり,そこ
でこけてる感じです)

 これは,仕様でしょうか.ぎゃっという人は多そうなので,拡張ライブラリの
CC のオプションは,以前に外した方が良さそうに思いますが.


# 目の前でマンガを読んでいる須藤さんから
# 何とかしろと言われたのでご相談した次第です.

-- 
// SASADA Koichi at atdot dot net