(Japanese later; 日本語が後にあります)


Hello, feature proposers for Ruby 2.0

The first deadline of feature request (24 Aug.) is less
than three months away.

What's the status on your feature proposal?  No progress
because no reply form matz?
I'd like to announce a big chance to accelerate your
proposal!


I'm planning to hold a developer meeting (including matz)
to judge feature requests, on July at Tokyo.
If matz says "accept!" for your proposal there, your
proposal is accepted.  Congratulations!

But, at present, there are more than 350 feature tickets.
We never have enough time to review the all.
So, to facilitate our meeting, aspiring proposers's help
will be very much appreciated.


What I ask you:
 Please create "one-minute slide-show for your proposal"

 * one-page slide (or corresponding material)
   - MUST show a corresponding ticket number

   - make it visual
     - MUST include a figure and/or short example code

     - SHOULD have less sentence in natural language
       (try to write less than 140 characters)

     - it is RECOMMENDED to itemize:
       motivation/use case, propoasl, pros/cons

   - medium: PowerPoint, OpenOffice, Keynote, html, txt

 * at most THREE proposals per person

 * submission deadline: 6/30 (Sat) 23:59 UTC


(Expected) FAQ:

Q. How should I submit my slide?
A. Attach it to the corresponding feature ticket.  I'll
  then reply "received".  If I missed, please remind me
  in any fashion.

Q. What would happen after the deadline?
A. Three steps.
  - I'll assign each slide to committer.  He/she may ask
    you some questions about your slide before the meeting.
  - At the meeting, the committers will present slides
    assigned to him/her in one minute per slide.  And then
    matz will determine "accepted or rejected" or give a
    feedback in one minute.
  - The result will be reflected to each ticket later.

Q. I'd like to present my slide myself.
A. We will take just two minites per proposal.
  Let us reduce the cost of presenter rotation.

Q. Will my proposal be rejected unless I create a slide?
A. No, not necessarily.  However, the possibility that it
  is accepted for 2.0 will be certainly decreased.

Q. Three are not enough!  I have many ideas!
A. Sorry but I'd like to give a chance to many people.
  You can find an "advocate" of your proposal and ask
  him/her to submit a slide.

Q. My proposal is not so simple to present in one minute.
  Only "cheap" proposals can be accepted in this method?
A. More or less, it may be true.  But leaving it untouched
  does not brings any worth.
  Feature proposers have to exlpain your proposal plainly,
  even whether this method is used or not.  Consider matz
  as a busy angel investor, and try "elevator pitch."

Q. My ticket is not a feature request, but a bug report.
  Should I also submit a slide?
A. No, it is not needed if it is really a bug ticket.
  But, I often find some bug reports to be feature
  request in effect.  It would be a good idea to re-check
  if your bug report is really about a bug.

Q. Is there advice to create a slide?
A. Write "use case"!

Q. Such a method will really work?
A. Keep your expectations low :-)

Q. I'd like to watch the meeting.  Can I attend there or
  watch ustream?
A. It depends on the facility of conference room.
  Still negociating.


Looking forward to your appealing slides!




Ruby 2.0 リリースマネージャの遠藤です。

機能提案の一次締め切り (8/24) まであと 3 か月を切りました。

提案の進捗はいかがでしょうか。matz の返事がなくてどうにも
進まない?
そんなあなたに、機能提案を加速する大チャンスをご案内します。


7 月に東京で matz を含めた開発者会議を行い、機能提案の採否
判定会を行う計画をしています。
そこで matz から accept の一言が出れば、めでたく採択決定。

しかし現時点で feature ticket は 350 以上もあります。
チケットを順次眺めていては何日あっても足りません。
そこで、この会議を円滑に行うために、意欲のある機能提案者や
推薦者のご協力をお願いしたいと思います。


お願いしたいこと:
 「1 分で説明できる提案スライド」を作ってください

 - スライド 1 枚 (相当)
   - 必ずチケット番号を書いてください

   - 視覚に訴える資料にしてください
     - 図か短いサンプルコードは必須

     - 自然言語は少なめに (めざせ 140 文字未満)

     - 箇条書きを推奨:
       動機 (ユースケース) 、提案内容、利点・欠点

   - フォーマット: PowerPoint, OpenOffice, Keynote, html, txt

 - 1 人あたり最大 3 件まで

 - 締め切り: 6/30 (Sat) 23:59 UTC


(想定) FAQ:

Q. 資料の提出方法は?
A. 機能提案チケットに添付してください。遠藤が「受領」と返答
  します。(返答がなかったら見落とされていますので催促して
  ください)

Q. 提出後はどうなる?
A. 3 段階あります。
  - スライドごとにコミッタを割り当てます。資料に不明点が
    あれば、会議までにコミッタから質問が行きます。
  - 会議当日、コミッタが担当スライドを各 1 分でプレゼン
    します。mazt は 1 分で採否判定、またはフィードバックを
    返します。
  - 後日チケットに、結果やコメントが反映されます。

Q. コミッタは信用できないので自分でプレゼンしたい。
A. 当日はチケットあたり説明 1 分、議論 1 分で進める予定です。
  発表者交代のコストを減らすため、ご理解ください。

Q. 資料を提出しないと提案が却下されるのか?
A. 必ずしもそうではありません。しかし、2.0 に採択される可能
  性は確実に低くなります。

Q. 1 人あたり 3 件は少なすぎる。
A. すみませんが、多くの人にチャンスを持ってほしいと思います。
  あなたの提案の「支持者」を見つけて、資料を送って貰うよう
  頼むのは構いません。

Q. 私の提案は 1 分で説明できるような単純なものではない。
  こんな方法では、くだらない提案しか通らないのではないか?
A. そうかもしれません。しかし放っておいても始まりません。
  この方法に関係なく、わかりやすい説明をすることは提案者の
  義務です。matz を忙しい社長さんだと思って、「エレベータ
  ピッチ」に挑戦してください。

Q. 機能提案でなくバグ報告も対象ですか?
A. 必要ありません。本当にバグチケットなら。
  しかししばしば、バグ報告チケットの中に実質的に機能提案を
  しているものを見かけます。あなたのバグ報告が、本当にバグ
  かどうか、見直してみるといいかもしれません。

Q. 提案スライドを書く上でのヒントはありますか?
A. 「ユースケース」を書くこと。

Q. 本当にこんな方法がうまく行くんですか?
A. あまり期待しないでください。

Q. 会議を観戦したい。参加したり、ustream 見たりできますか?
A. 会場設備次第です。現在調整中。


たくさんのご応募をお待ちしております。

-- 
Yusuke Endoh <mame / tsg.ne.jp>