>> DBM::VERSIONは仕様が腐っていて 1)本物のdbmとリンクした場合は
>> コンパイル時に使ったDBMのバージョンを表示 2) gdbm等の代替実装と
>> リンクした場合は "unknown" という表示 となっているのがworkaroundを
>> 入れにくくしている諸悪の根源なので、ついでにそこを直してしまう。と
>> いうのもありかもしれない。dbmのバージョンを実行時にとる方法を
>> 思いつかないけど
>
> 本物 (4.3BSD) じゃなくて Berkeley DB ですね。

ああ、すいません。

> 本物のは version は提供していないように思います。
>
> GDBM は gdbm_version というのがあります。
>
> かなり十分な情報が得られるような気がしますね。

Berkeley BDも db_version()という関数があるので、とれそうな気がするのですが、
いつから存在するのかよくわからないので怖いという。
qdbmとか考えると、実行時に取得するのは結構骨がおれそうだなあとか思って
昔やめたのを思い出しました。難易度じゃなくてめんどくささ的に