>    def test_s_open_no_create
>      skip "gdbm_open(GDBM_WRITER) is broken on libgdbm 1.8.0" if
> /1\.8\.0/ =~ GDBM::VERSION
>      assert_nil(gdbm = GDBM.open("#{@tmpdir}/#{@prefix}", nil))
>    ensure
>      gdbm.close if gdbm
>    end

DBM::VERSIONは仕様が腐っていて 1)本物のdbmとリンクした場合は
コンパイル時に使ったDBMのバージョンを表示 2) gdbm等の代替実装と
リンクした場合は "unknown" という表示 となっているのがworkaroundを
入れにくくしている諸悪の根源なので、ついでにそこを直してしまう。と
いうのもありかもしれない。dbmのバージョンを実行時にとる方法を
思いつかないけど