遠藤です。

2011年10月23日1:30 Yukihiro Matsumoto <matz / ruby-lang.org>:
> まだ2.0はリリースマネージャが必要なレベルになってないと思いま
> すが、遠藤さんが立候補しておられることに反対する理由もありま
> せん。どうぞ。

おお。ありがとうございます。
まあ、今できることってスケジュールの仮決めくらいですよね。


では、粗いスケジュールとして、

  2012 年  8 月 big feature freeze
    ([ruby-core:39810] にあるような大きな新機能の採否決定と、
     大まかな仕様を固める)
  2012 年 10 月 feature freeze
    (実装状況を鑑みて、細かい機能まで含めて採否を決める)
  2013 年  2 月 release

くらいに考えておきましょうか。
あとで英語でアナウンス (+意見あれば募集) しときます。

# 成瀬さんの案は feature freeze から release まで期間が
# 短すぎると思った。



> そんなことより、個別の機能を開発しようよ。

全く同感です。
キーワード引数のコーナーケース考えるの楽しいです。



あと、まつもとさんがちょくちょくおっしゃってますが、基本的に
2.0 で 100% compatible を目指すことは今のところかなり強い
方針なんですよね。
つまり $SAFE 削除 (#5455) なんかは採用の可能性がかなり少ない。

-- 
Yusuke Endoh <mame / tsg.ne.jp>