まつもと ゆきひろです

In message "Re: [ruby-dev:44604] Ruby 2.0 release plan"
    on Tue, 18 Oct 2011 15:27:41 +0900, "NARUSE, Yui" <naruse / airemix.jp> writes:

|= バージョニング規則
|
|以下の通り変更する。
|
|MAJOR: (ABI の) 後方互換性を切るときに上げる
|MINOR: 後方互換性を保ったリリースの際に上げる
|TEENY: 常に 0
|PATCHLEVEL: リリースブランチについて、patch 1 つにつき 1 つ加算

あんまりルールをきっちり決めるのは好きじゃない(完了主義にな
りがちだから)のですが。

|= 2.0 リリーススケジュール
|
|2012 年 12 月 24 日 preview 1 (feature freeze)
|2013 年  2 月 24 日 release (Ruby 20歳)

賛成します。

|= リリースエンジニアリングの方針
|
|何があろうとこの日付に出す。
|間に合わない機能は入れないし、足を引っ張ったら revert する。
|
|* code freeze 後の修正は regression のみとする
|
|= リリースエンジニアリングチームの導入
|
|1.9.2 での mame さんの活躍や、1.9.3 での kosaki さんの活躍を鑑みるに、
|要するに一人じゃリリースは困難だと思うのです。
|
|一方でその場で気づいた人が backport という方針だと、今度は「フリーズ後は
|release manager の許可無く backport しないこと」の縛りが形骸化するので、
|これを「release engineering team の許可無く」に変えよう、というわけです。

賛成します。

|= まとめ
|
|まつもとさん、version.h を 2.0.0 に変えてください

明日の午前中に変更してコミットします。ブランチを作りたい人は
それまでに。まあ、必要になってから作ればいいのだろうけど。