Issue #5429 has been reported by Makoto Kishimoto.

----------------------------------------
Bug #5429: 64ビットなFreeBSDのioctlでビット31が1なリクエストの時の不具合
http://redmine.ruby-lang.org/issues/5429

Author: Makoto Kishimoto
Status: Open
Priority: Low
Assignee: 
Category: core
Target version: 1.9.x
ruby -v: ruby 1.9.4dev (2011-10-09 trunk 33439) [x86_64-freebsd8.2]


64ビットなFreeBSD 8において、ioctl(2)のプロトタイプ宣言は以下のように
なっていて、

int
ioctl(int d, unsigned long request, ...);

ビット31(32ビットであればMSB)が1なリクエストでも、上位ビットがゼロ拡張
された64ビット値を期待しています。

それに対しrubyのtrunkではIO#ioctlの引数の値の範囲は符号付き32ビットに
なっていて、最終的にio.cのnogvl_io_cntlに、intを引数としたioctlの
呼び出しがあり、ビット31が1なリクエストは符号拡張されて、ioctlを呼ぶことに
なり、

その結果システムメッセージに、(SNDCTL_DSP_SPEED の例)
WARNING pid 82043 (initial thread): ioctl sign-extension ioctl ffffffffc0045002
というようなウォーニングが出ます(一応目的の動作はしている)。

回避する修正は (unsigned) とキャストを入れればいいように思うのですが、
他のプラットフォームでの問題や、IO#ioctlの受け入れるべき引数の値の範囲の
問題などがあるので、とりあえずチケットのみ登録します。


-- 
http://redmine.ruby-lang.org