遠藤です。

2011年5月9日0:07 Urabe Shyouhei <shyouhei / ruby-lang.org>:
> 遅延評価であるとみなせるのは事実としても遅延評価っていう言い方をしなきゃいけな
> いことはないですよね。

絶対にいけないことはないですが、一般的な言葉があるならなるべく合わせる
べきでしょう。


> 特に私の用途の場合は途中で配列を作らないというだけの話で
> あって、結局全部評価するわけですし。

中間データ生成の省略は遅延評価のありがたみの 1 つです。
「結局全部評価する」かどうかは関係ないと思います。


>>> いきなりmapの戻り値の型が変わるのでも私はいいですけど
>>> ちょっとやりすぎかとも思います。
>>
>> 2.0 でなら、これもいいと思います。
>
> mathnみたいにrequireすると挙動が上書きされて、いやでもそれは状態がグローバルだ
> からよくなくてselector namespaceがないと、でもそれはやっぱ話が大きくなりすぎだ
> なあ。

2.0 なら selector namespace (というか refinement) が入っているはず、
とか。
互換性が問題なら、Enumerator の #[] とかを呼び出したら勝手に Array に
化ける、とか。


とはいえとりあえず 1.9 の間で凌ぐ術がほしい気持ちもわかるので、うーん、
-er がダメなら接尾辞 L はどうでしょう。mapL とか selectL とか。
2.0 までに投げ捨てたくなる名前、という意味では rude_ もいいのかなあ。

-- 
Yusuke Endoh <mame / tsg.ne.jp>