Ruby's ライセンスは BSDL と Ruby's のデュアルライセンスになります。

== 拝啓

Ruby's ライセンスは、Ruby とその関連ソフトウェアで用いられており、
GPLv2 と狭義の Ruby's ライセンスとのデュアルライセンスになっています。

しかし、このライセンスには以下のような問題がありました。
* GPLv3 非互換
* 慎ましやかには、BSDL として Ruby's のコードを配布できない
* 一方で、その気になれば引用条項や名前条項を使ってなんでもできる

結局、Ruby's ライセンスのコピーレフトの精神は、BSDL との関係において
障害になるだけで、改造版のコードが手元に戻ってくる効果はありませんでした。

== 変更内容

現在: GPLv2 + Ruby's
今後: BSDL + Ruby's

== メリット

* GPLv3 と混ぜられるようになる
* Ruby のコードを BSDL のコードに流用できるようになる (引用条項で今までもできたけど)

== デメリット

ありません
(やろうと思えば引用条項や名前条項で今までも何でもできたから)

== 議論

これまで [ruby-dev:39167][ruby-core:25272] で議論され、
RubyKaigi 2010 にてまつもとさんによって決定されました。
http://redmine.ruby-lang.org/wiki/ruby/DevelopersMeeting20100827

== パブリックコメント

2週間意見を聞く期間が設けられています。
何か意見のある方はコメントをください。

== 具体的な条文

2-clause BSDL または ISC License を念頭に置いています。
両者は機能的に同じですが、
* ISC License は Internet Systems Consortium という NPO に作られ、
  BIND や OpenBSD のようないかにもうるさそうなところが使っている
* ISC License の方が文面がシンプル
という理由で ISC License の方がいいかなと思っています。

-- 
NARUSE, Yui  <naruse / airemix.jp>