Hi,

I'm reporting the status of 1.9.2-p0 release which has been planned at
early this month.


  (1) backports from trunk into ruby_1_9_2
  (2) busyness of the release manager


(1) Currently, we have roughly backported patches that was committed by
23 Jul.
In principle, I will no longer backport any patch for 1.9.2-p0.

A brand-new patch should have a certain amount of "soak time" in trunk.
*Almost all* patches that have just been committed into trunk are not
stable yet.  They may often cause another issue, or may not been fixed
completely.  Backporting such patches will never stabilize ruby_1_9_2
branch.  In fact, I actually had some trouble about one patch that
requires another patch that requires another patch... (about 5 times).
I think this lesson (soak time) should be applied in the next release.

Meanwhile in this time, I decide that I will backport only patches that
meat any following conditions:

  - SEGV or [BUG] problem on supported platform
  - build failure on supported or besteffort platform
  - other really really fatal issues

If you notice a patch that meats any condition is not backported, please
let me know ASAP (by Friday, at the latest).

Of course, other issues will be fixed by patch releases after 1.9.2-p0.


(2) The release managaer, Yugui, apparently can do release engineering
at only week end.  So I guess the next release will be at Saturday or
Sunday.

Some committers say that RC3 be released before 1.9.2-p0, but I'm afraid
that it is impossible (RC2 and RC3 had not been planned, originally).

The branch ruby_1_9_2 will be nearly-unchanged until p0 is released.
So I ask all platform maintainers to test ruby_1_9_2 branch.

Though release candidate will not released publicly, to prevent wrong
packaging, we will directly ask the maintainers for besteffort platforms
to check tar ball.


Thank you in advance for your help.



遠藤です。

8 月上旬予定の 1.9.2 リリースの状況についてお伝えします。


  (1) trunk から ruby_1_9_2 へのバックポート
  (2) リリースマネージャの多忙


(1) 現状では、7/23 (金) までに trunk にコミットされたパッチはバック
ポートできていると思います。

ですが、これ以上は原則バックポートしないことにしたいと思います。

trunk に入ったばかりのパッチは安定性に疑問があります。他の問題を引き
起こしていたり、完全に修正されていなかったりします。実際、「修正を
修正するコミット」が数日おきに最近まで 5 回連なっている例がありました。
そういうパッチをリリース直前にすべてバックポートしていくと、いつまで
たっても ruby_1_9_2 が安定しません。

trunk での soak time (検証期間) を考慮すべきだったのですが、反省は後
にして、とりあえず今回は、下記のいずれかの条件を満たすコミット以外は
これ以上バックポートしません。

  - supported な環境で SEGV する
  - supported または besteffort な環境でビルドが通らない
  - その他、本当に致命的と考えられる問題

いずれかの条件を満たすパッチでバックポートが漏れているものがあれば
早急に (遅くとも金曜までに) 連絡してください。
それ以外の問題も、p0 以降のパッチリリースでは修正されると思います。


(2) Yugui さんはほぼ土日しか作業できないようなので、リリースは早くて
次の土日になるのではないかと思います。

「1.9.2-p0 リリースの前に RC3 を出すべき」という声もありますが、この
状況では無理だと思います (あと、当初の予定には RC 1 つしかなかった) 。

ruby_1_9_2 ブランチはもう p0 リリースまでほとんど変わらないと思います
ので、プラットフォームメンテナは ruby_1_9_2 ブランチを試しておいて
欲しいと思います。

パッケージングのミスを防ぐため、besteffort 以上のメンテナにはリリース
直前に tar ball が回付されると思います (いつもどおり) 。

-- 
Yusuke Endoh <mame / tsg.ne.jp>