2010年7月17日10:21 Nobuyoshi Nakada <nobu / ruby-lang.org>:
> なかだです。
>
> At Sat, 17 Jul 2010 01:36:32 +0900,
> Motohiro KOSAKI wrote in [ruby-dev:41856]:
>> 1.AC_PREREQ(2.60) に変える
>> 2.問題のコミットをrevert
>> 3.AS_CASEの部分を1.8.7メンテナがモリモリ書き直す
>>
>> の3択から選ぶとしたらどれがよいですか?
>
> それは1でしょう。
>
>> 何を聞いているかというとRubyとかRoRでのRHEL5(とCentOS5)の使用率が分からないので一番簡単な
>> 1を選んでしまっていいのか確信が持てない。という事なんですが。
>
> autoconfを実行する必要があるのは、svn(かgit)で最新を追いかける人
> だけです。そういう人は当然autoconfも最新を用意できることを前提に
> します。でなければsnapshotのtarballを使ってください。

なんだ。悩む必要ぜんぜんありませんでしたね。
パッチレベルの途中で要求autoconfが版が変わるのも合意できていると理解しました。
こちらで ruby_1_8 と ruby_1_8_7 に入れときます。

変な質問でお手数をおかけしてすいませんでした。