前田です。
お返事が遅くなってすみません。

2010年5月5日9:32 Yusuke ENDOH <mame / tsg.ne.jp>:
>> ::ConditionVariable#waitがtimeoutに対応しているようなので、引数を
>> そのまま渡すようにしたいと思います。
>> ただ、戻り値については1.8と非互換になりますが、timeoutで返って来たのか
>> 判定する術がないので、常にtrueを返すことにしたいと思います。
>> # ついでにドキュメントを追加します。
>
> [Bug #2629] で ::ConditionVariable#wait の API 設計に race condition が
> あることがわかりました。
> 秒数ではなく絶対時刻で指定すべき (少なくとも、絶対時刻は受け付けるべき)
> ようです。また、timeout で帰ってきたかどうかを返り値として返した方が
> よいという指摘もあります。
>
> 絶対時刻を受け付けるためには thread.c を結構いろいろ変えないといけない
> ので、すでに feature freeze 後ということもあり、保守的ですが 1.9.2 では
> revert しようと思いますが、いかがでしょうか。

その後の議論で、上記の対応が必ずしもすぐに必要というわけではないと
いう話になっているような気がするのですが、合っているでしょうか。
もしそうであれば、1.9.2のリリース後に絶対時刻*も*受け付けるようにする
ということにして、revertはしないことにしませんか。

-- 
Shugo Maeda