前田です。

2010年1月30日22:09 Tanaka Akira <akr / fsij.org>:
> 手元の Ubuntu 9.10 の環境で Ruby 1.9.2 を make test-all すると
> IMAPTest#test_exception_during_idle でハングして終わりません。
> (net/imap だけテストすると終わったりもします。微妙なところです。)

すみません。

> とりあえず wait にタイムアウトを入れて、ハングしないで test-all
> が最後までいくようにしようか、と思ったのですが、
> MonitorMixin::ConditionVariable#wait の timeout 引数を指定すると
> timeout is not implemented yet というメッセージで
> NotImplementedError になってしまいます。
>
> Ruby 1.8 のころは timeout 引数が動作していたようなのですが、
> Ruby 1.9 で timeout 引数がまた動作するようになる予定はあるのでしょうか。
> メッセージからするとそのうち実装されるような感じがするのですが。

::ConditionVariable#waitがtimeoutに対応しているようなので、引数を
そのまま渡すようにしたいと思います。
ただ、戻り値については1.8と非互換になりますが、timeoutで返って来たのか
判定する術がないので、常にtrueを返すことにしたいと思います。
# ついでにドキュメントを追加します。

-- 
Shugo Maeda