手元の Ubuntu 9.10 の環境で Ruby 1.9.2 を make test-all すると
IMAPTest#test_exception_during_idle でハングして終わりません。
(net/imap だけテストすると終わったりもします。微妙なところです。)

調べてみると、テストの中の c.wait でハングしているようです。
ここで c は MonitorMixin::ConditionVariable のインスタンスです。

とりあえず wait にタイムアウトを入れて、ハングしないで test-all
が最後までいくようにしようか、と思ったのですが、
MonitorMixin::ConditionVariable#wait の timeout 引数を指定すると
timeout is not implemented yet というメッセージで
NotImplementedError になってしまいます。

Ruby 1.8 のころは timeout 引数が動作していたようなのですが、
Ruby 1.9 で timeout 引数がまた動作するようになる予定はあるのでしょうか。
メッセージからするとそのうち実装されるような感じがするのですが。
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]