まつもとさんか卜部さん
遠藤です。

BigDecimal#** と #power の仕様変更が trunk から ruby_1_8 にバックポート
されていますが、これは 1.8.7 以前と比べて非互換な変更です。


  $ ruby -v -rbigdecimal -e 'p BigDecimal("Infinity") ** -5'
  ruby 1.8.7 (2008-08-11 patchlevel 72) [i486-linux]
  #<BigDecimal:b7c45204,'NaN',4(8)>

  $ ruby18 -v -rbigdecimal -e 'p BigDecimal("Infinity") ** -5'
  ruby 1.8.8dev (2010-01-26 revision 26430) [i686-linux]
  #<BigDecimal:b7d18c80,'0.0',4(8)>

  $ ruby19 -v -rbigdecimal -e 'p BigDecimal("Infinity") ** -5'
  ruby 1.9.2dev (2010-01-26 trunk 26420) [i686-linux]
  #<BigDecimal:824cf7c,'0.0',4(8)>


変更内容は [ruby-dev:36159] の 1 つめの、「Infinity の累乗を NaN でなく
0 や Inf や -Inf にする」というものです。


1.8.8 に非互換な変更を入れるのはよくないと思うのですが、

- 1.8.7 以前のバグだった (1.8.6/1.8.7 にもバックポートすべき)
- 1.9 からの仕様変更 (ruby_1_8 へのバックポートは revert すべき)

のどちらと考えるべきでしょうか。rubyspec への修正依頼に影響します。

-- 
Yusuke ENDOH <mame / tsg.ne.jp>