遠藤です。

2009年10月26日7:57 Hideo Konami <konami / kyoto-wu.ac.jp>:
>>In message "Re: [ruby-dev:39539] Re: [Bug #2263] typo in man/ruby.1"
>>    on Sun, 25 Oct 2009 11:15:17 +0900, Yusuke ENDOH <mame / tsg.ne.jp> writes:
>>
>>|man はともかく -help の -W[level] の説明が 80 文字に収まってないのですが、
>>|もう諦めたんでしょうか。そこで
>>|
>>|  -T[level=1]     turn on tainting checks
>>|  -W[level=2]     set warning level; 0=silence, 1=medium, 2=verbose
>
> 英語的には silence -> silent が正しいのではないですかね。 もっとも,ど
> っちかというと quiet のほうがいいように思います。


そこは原文を変えなかっただけです。確かに quiet の方が自然な気がしますが、
silence は -W が導入された 2003 年以来の表現で、今まで native から指摘
されたことがなかったというのも不思議ですね。あきらめられてるのかな。

ruby-core で「--help や man を校正してくれ」って言ってみましょうか。

-- 
Yusuke ENDOH <mame / tsg.ne.jp>