チケット #1904 が更新されました。 (by Kazuhiro NISHIYAMA)


trunk/Makefile.in が以下のようになっていて、 cmp に失敗すると失敗の原因が何であっても gperf を実行するようになっているので、今も再現すると思います。

# Things which should be considered:
# * with gperf v.s. without gperf
# * ./configure v.s. ../ruby/configure
# * GNU make v.s. HP-UX make    # HP-UX make invokes the action if lex.c and keywords has same mtime.
# * svn checkout generate a file with mtime as current time
# * XFS has a mtime with fractional part
lex.c: defs/keywords
        @\
        if cmp -s $(srcdir)/defs/lex.c.src $?; then \
          set -x; \
          $(CP) $(srcdir)/lex.c.blt $@; \
        else \
          set -x; \
          gperf -C -p -j1 -i 1 -g -o -t -N rb_reserved_word -k1,3,$$ $? > $@.tmp && \
          $(MV) $@.tmp $@ && \
          $(CP) $? $(srcdir)/defs/lex.c.src && \
          $(CP) $@ $(srcdir)/lex.c.blt; \
        fi

ruby_1_8 の Makefile.in では以下のように cmp は使っていないようです。

lex.c: keywords
        ( gperf -C -p -j1 -i 1 -g -o -t -N rb_reserved_word -k1,3,$$ $? > $@.tmp && mv $@.tmp $@ ) || \
        if test -f $@; then \
          touch $@ && echo $@ touched.; \
        else \
          cp $(srcdir)/lex.c $@ && echo $@ copied.; \
        fi


「enc/unicode/name2ctype.h: enc/unicode/name2ctype.kwd」でも cmp を使っているようなので、 cmp が必要になったというのなら、なければ入れてからビルドするというだけなので、 Rejected で終了してください。
----------------------------------------
http://redmine.ruby-lang.org/issues/show/1904

----------------------------------------
http://redmine.ruby-lang.org