言いだしっぺの佐々木です。

begin
 open(url) do |f|
   ...
 end
rescue OpenURI::HTTPError => e
 e.io.close
end
GC.start
の様に書けば確実にcloseされるのなら問題ないですが、そうでもないようです。

GCでは未使用のメモリを回収してくれるだけで未使用のfdを回収してくれることは
ないのですよね。
メモリに余裕がある状態だとfdをつかんだ例外オブジェクトも回収されず、
fdも開きっぱなしになるのではないかとおもいます。
(再現スクリプトでは1.9では開きっぱなしのfdの数が少ないです。GCが効いている?)

この問題に気がついたのは、「EMFILE too many open files」になったせいでした。
例外オブジェクトへの参照は確実に無いはずで(メソッドからreturnしている)
gcされるより前にtoo many open filesにぶつかったのでした。
大きいサイズのエラーページというのもレアなのでなかなか気づきにくい問題でした。




2009年9月10日22:56 Tanaka Akira <akr / fsij.org>:
> In article <E1MliJq-0000yc-4o / x61.netlab.jp>,
>  Yukihiro Matsumoto <matz / ruby-lang.org> writes:
>
>> 部分的にしか理解できていません。Tempfileなのでcloseすると情報
>> が失われるから保存しているのは理解できました。が、その場合、
>> 気になるのは、今回「リーク」とされたのは、ただちにcloseされて
>> いないからプロセスが肥大しただけのことで、いずれGCで回収され
>> るのかどうか、ということです。
>
> 例外オブジェクトへの参照がなくなれば、その例外オブジェクトや
> Tempfile は GC されます。GC にともない、fd は close され、テ
> ンポラリファイルは削除されます。
>
>>                                 Tempfileは面倒だなあ。
>
> [ruby-core:25019] で書いた Tempfile.anonymous {} のような、
> 状況によっては面倒でない挙動をとれる API をつければいくらか
> は軽減できるでしょう。ただし、今回の open-uri の場合は例外の
> 中に入れるので適用できませんが。
> --
> [田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]
>
>