Feature #2080: Proc#to_source, Method#to_source
http://redmine.ruby-lang.org/issues/show/2080

起票者: Yuki Sonoda
ステータス: Open, 優先度: Normal
担当者: Koichi Sasada, カテゴリ: core, Target version: 1.9.2

[ruby-core:24673]に見るように、Proc#to_sourceやMethod#to_sourceがあると、1.8時代にnode.hを利用してしまっていたようなライブラリの問題の多くを解決できます。そこでnodeやiseqに元のソースコードを持たせておいて、必要に応じてiseqから取得することを提案します。

一般的にはコードは処理データに比べて十分に小さいので、メモリ所要量の増加は許容範囲ではないでしょうか。

例:
 proc = ->(x, y) {
   x + y
 }
 proc.to_source #=> "x + y"


----------------------------------------
http://redmine.ruby-lang.org