In article <4AA2CF8A.6070700 / airemix.jp>,
  "NARUSE, Yui" <naruse / airemix.jp> writes:

> ふむ、すると「URI.escape は用意しない」が正解になるのですかね。

URI.escape についてはそう思います。

> で、URI.build( .. ).to_s を基本とし、警告で誘導するとか。

個人的に URI.build を使った経験がないんですが、よくある用法
に合ってるんですかねぇ?

とりあえず Google Code Search ではひとつ使っているところがあ
りましたが、とても少ない気がします。

だれも使っていないけれど、実はこれが良いのだ、と主張すること
が不可能とはいいませんが、本当にそれが良いかどうかを実際の用
法に則して考えるのが先なんじゃないでしょうか。

> しかし、そうすると、URI.build が多言語ドメイン対応はおろか、
> path や query に至るまであらかじめ escape されていることを
> 求めているのは少々不便ですねぇ。
>
> しかし、そうすると、"http://日本語.jp/"を返すメソッドと、
> "http://xn--wgv71a119e.jp/"を返すメソッドの二つが必要なのだな。

私は、非ASCII な URI を使った覚えがあまりありません。
(query 部分に使ったことは何回かある気がしますが。)

そのため、用法を想像することが私には困難です。いきなりその二
つが必要だといわれてもなんとも。

% を変えないエスケープ、というアイデアがなくもないのですが、
用法がわからないので、うまく使えるかどうかは不明です。
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]