成瀬です。

Tanaka Akira wrote:
> つまり、とてもじゃないですが使いやすいところにあるべき機能と
> は思えないので、encodeURI を URI.escape や URI.encode など使
> いやすい名前に割り当てることには反対します。

ふむ、すると「URI.escape は用意しない」が正解になるのですかね。

で、URI.build( .. ).to_s を基本とし、警告で誘導するとか。

> このようにうまくいかないのは個々の要素を連結してからエスケー
> プするという考え方が間違っているからで、正しくは個々の要素を
> エスケープしてから連結する必要があります。
> 
> なので、URI (っぽく個々の要素を連結したもの) をエスケープす
> るという関数は考え方自体が間違っていて、とてもお薦めできるも
> のではないと思うんですが。

しかし、そうすると、URI.build が多言語ドメイン対応はおろか、
path や query に至るまであらかじめ escape されていることを
求めているのは少々不便ですねぇ。

しかし、そうすると、"http://日本語.jp/"を返すメソッドと、
"http://xn--wgv71a119e.jp/"を返すメソッドの二つが必要なのだな。

-- 
NARUSE, Yui  <naruse / airemix.jp>