高橋征義です。出遅れましたが。

2009/06/14 15:57 に SASADA Koichi<ko1 / atdot.net> さんは書きました:
> 現在の GC 関連の状態を表示するためのメソッド GC.stat を追加するのはど
> うでしょうか.
>
> {:count=>1,                   # これまで GC が起こった回数
>  :elapsed_time=>0.004,        # これまで GC にかかったユーザ時間
>  :heap_used=>20,              # 利用中の heap の数
>  :heap_length=>22,            # 確保した heap の数
>  :heap_live_slot=>4742,     # 生きている slot の数 (*1)
>  :heap_free_slot=>5056,     # 空いている slot の数 (*1)
>  :heap_waiting_finalize_slot=>23} # ファイナライザを待っている slot の数
>
> *1: 一番最後の GC でカウント.

RailsBenchでも似たような提案があったのを思い出しました。

http://railsbench.rubyforge.org/svn/trunk/railsbench/GCPATCH
http://railsbench.rubyforge.org/svn/trunk/railsbench/ruby19gc.patch

こっちはパラメタの変更ができたり、集計の開始・終了が指定できたり、
ダンプやログがとれたりと、集計項目も含めてだいぶ違いますが。

良し悪しの判断はできないんですが、参考まで。

高橋征義 (maki / rubycolor.org)