Bug #1534: Inconsistency Between Struct#to_s and Struct#inspect
http://redmine.ruby-lang.org/issues/show/1534

起票者: ujihisa .
ステータス: Open, 優先度: Normal
ruby -v: ruby 1.9.2dev (2009-05-28 trunk 23601) [i386-darwin9.7.0]

http://redmine.ruby-lang.org/issues/show/1427
http://redmine.ruby-lang.org/issues/show/1533
の二つと同じ問題をStructで発見しました。
ruby 1.9では通常Struct#to_sとStruct#inspectは同じ文字列を返しますが、自己再帰する構造体に対しては異なる結果を返しています。

    # ruby 1.9.2dev (2009-05-28 trunk 23601) [i386-darwin9.7.0]
    t = Struct.new('A', :a).new(nil)
    t.a = t
    puts t.to_s
    #=> <struct Struct::A a=#<struct Struct::A a=#<struct Struct::A:...>>>
    puts t.inspect
    #=> <struct Struct::A a=#<struct Struct::A:...>>

添付のパッチでto_sの結果がinspectと同じになります。

なお、似たような実装をしているものがないかgrepしたところ, proc.c, time.c, ext/dl/cfunc.cが該当しました。が、これらは自己再帰的構造を持ち得ないため大丈夫と思います。


----------------------------------------
http://redmine.ruby-lang.org