ファイル名は以前の議論の結果「変換可能でしたら変換、そうでなかったら
バイナリ」のままでいいです。そもそもこの変換 (又は無変換) はユーザが
encode で起こすのではなく、内部で行われているものなので今回の議論では
対象外だと思いました。違う言葉で言ってみれば、勿論「対処による」は
正しいですが、引数無しの encode と 引数付きの encode の差だけで対処
が判別できるのかは相当疑問があります。

ところで、:invalid と :undef の場合現在例外を起こすには nil を
使いますが、明示的な値 (例えば :exception) も使えるようにした
方がいいと思います。

後は、Encoding::Converter::UNDEF_HEX_CHARREF はあるが、それと相当
する :undef => :hex とかがないのも直した方がいいかと思います。
時間がなかったらこちらでもできます。

宜しくお願いします。      Martin.

At 04:02 08/10/21, Tanaka Akira wrote:
>In article <6.0.0.20.2.20081019182600.08d852a8 / localhost>,
>  Martin Duerst <duerst / it.aoyama.ac.jp> writes:
>
>> 現在のこちら (だけかもしれません) の結論からいいますと、encode
>> を全部 (引数付きか無しかを関係なく) :replace にしてもいいではないかと
>> 思います。
>
>replace は情報が落ちるので、それでいいかどうかは対象によるん
>じゃないでしょうか。
>
>たとえばファイル名をそうされてしまうと、open できなくなって
>しまいます。
>-- 
>[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]


#-#-#  Martin J. Du"rst, Assoc. Professor, Aoyama Gakuin University
#-#-#  http://www.sw.it.aoyama.ac.jp       mailto:duerst / it.aoyama.ac.jp