http://redmine.ruby-lang.org/wiki/ruby/DevelopersMeeting20080922
に以前
    凍結の範囲はどこまでか (添付ライブラリも含まれるか
    (rubygems のアップグレードは間に合うのか (mame)
    [RubyKaigi2008 で新しい文字コード変換の追加が含まれないのは
     matz の見解でした]
と書き込みました。会議の結果かと思われますが、
    -> 含まれる.ただし,事前に悲鳴をあげれば 10 月まで待つ
と追加されました。

ここで正式に悲鳴をあげたいと思っています。悲鳴の理由は次の通り:
- 現在の文字コード変換ではよくカバーされているところは日本語だけで、
  内部 Encoding として存在しても変換ができないものが多い。
  そのまま正式版になったら非常に残念ではないかなと思います。
- 今年の4年生で、今まで育て上げてきた学生は今頃ちょうど新しい
  変換を追加できるようになりました。一ヶ月頑張って貰ったら
  ある程度の成果は期待できると思います。
- 以前話し合いがあったかもしれませんが、「含まれる」のはこちらとして
  新着情報で、フリーズの直前にいわれるとちょっと困ります。

以上の三点を持ちました悲鳴を上げましたので、10月迄の延長を
宜しくお願いします。    Martin.


#-#-#  Martin J. Du"rst, Assoc. Professor, Aoyama Gakuin University
#-#-#  http://www.sw.it.aoyama.ac.jp       mailto:duerst / it.aoyama.ac.jp