In article <e0b1e5700809220338g5f3b5627p95e94744d5c10505 / mail.gmail.com>,
  "Yusuke ENDOH" <mame / tsg.ne.jp> writes:

> つまり pack("m0") は改行を出力せず、unpack("m0") は改行があったら
> 例外を投げる、というように。

なるほど。それであれば、base64.rb を復活させなくても互換性と
RFC 4648 の挙動の実現の両方を実現できそうですね。

base64.rb が必要だというのは、互換性がないと思ったからですが、
互換性が保たれるのであればそれもいいかもしれません。

ただ、[ruby-dev:35904] に述べられている、「URL やファイル名
安全なバリアント」はどうするんでしょうか。

そっちも提供することを考えるなら、pack/unpack での整数指定だ
けで区別するのはやはり難しくて、base64.rb が欲しくなったりし
ないでしょうか。
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]