--pgp-sign-Multipart_Wed_Jul__9_16:11:03_2008-1
Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP

At Wed, 9 Jul 2008 10:49:46 +0900,
Urabe Shyouhei wrote:
> Akinori MUSHA さんは書きました:
> >  ruby 1.8 の tk ライブラリが OS X 上でビルドできない件です。
> >
> >  OS X の gcc には仕掛けがあり、 ruby 1.9 が入っていなくても
> > #include <ruby/ruby.h> は
> >
> > 	/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Headers/ruby.h
> >
> > を拾ってしまいます。(framework名/Headers以下のパス)
> >
> なんでtkは#include <ruby/ruby.h>してるんでしょうか?
>
> 一般的に#include <foo>したときに<foo>がどこから拾われてくるかはコンパイ
> ラ実装依存で、ユーザーからはコントロールできないと思います。

 パッチをよく見てほしいんですが、 #include <ruby/ruby.h> はして
いませんよ。1.9系なのかの判定に使っていて、それがうまくいかない
理由が上記です。

 実際に #include しているのは <ruby/signal.h> なので、同ヘッダ
ファイルをチェックするようにするのが私のパッチです。

--
Akinori MUSHA / http://akinori.org/

--pgp-sign-Multipart_Wed_Jul__9_16:11:03_2008-1
Content-Type: application/pgp-signature
Content-Transfer-Encoding: 7bit

-----BEGIN PGP SIGNATURE-----
Version: GnuPG v1.4.9 (FreeBSD)

iEYEABECAAYFAkh0ZIcACgkQkgvvx5/Z4e7hHwCcDtfbagJ5dkxJE5sbqLpR80+i
6rAAn1AaYG2SSEcTDQFjN2Tqcx30sVjB
=diaC
-----END PGP SIGNATURE-----

--pgp-sign-Multipart_Wed_Jul__9_16:11:03_2008-1--