Yuguiです。

6月20日、まつもとさんとささださんと卜部さんと私とで、Ruby 1.9のリリース
管理について話しました。それで、管理タスクを私が拝命いたしました。

というわけで、まずRuby 1.9.1に含まれるべき機能を決定したいと思います。

== スケジュール
Ruby 1.9.1は12月20日にリリース予定です。
スナップショットを次のようにリリースするつもりでいます。
* 1.9.0-3 スナップショット           7月25日
* 1.9.0-4 スナップショット           8月25日
* 1.9.0-5 スナップショット(仕様凍結) 9月25日
* 1.9.1 rc1                         10月25日
* 1.9.1 rc2                         11月25日
* 1.9.1                             12月25日

== 含まれる機能
どの機能を含むべきか、また含むべきかを(最終的には私が)決定しないといけま
せん。
たとえば、
* 勿論YARVは含まれます。既にmergeされ、動いています。
* まだ時間を要するのでMulti-VMは含まれません。ささださんによれば、1.9.5
までには実装できる、とのことです。

コミッタの皆様ならびにパッチを書こうと思っている皆様は、これからの開発計
画をお知らせください。どの機能は9月25日までに実装できそうか、どれは無理か。

* 改良版transcodeはいかがでしょうか?
* サポートされるプラットフォームはどうなりますでしょうか < メンテナの方々
  * OS/2は?
  * VMSは? 誰かtrunkをVMSでビルドできますか?

-- 
Yugui <yugui / yugui.jp>
http://yugui.jp
私は私をDumpする