遠藤です。

2008/07/01 13:04 Yukihiro Matsumoto <matz / ruby-lang.org>:
> 一晩考えましたが、内部実装はどうでもよいように思えてきたので、
> そのままコミットしてください。ドキュメントに「直接使うべきで
> ない」とか書いてあると助かります。

一旦そのままコミットしました。


ささださんから「coverage.so を require したら測定開始するように
してほしい」との意見を頂きました。
COVERAGE__ をやめて、以下のような仕様にしようかと思っています。

1. ユーザが coverage.so を require する (Coverage モジュールが
   定義される)
2. ユーザがソースファイルを require や load する
3. Coverage.result が旧 COVERAGE__ と同等のハッシュを返す
   (Coverage.result[ファイル名] でカバレッジが得られる)

ちなみに、今のところ coverage.so は計測開始のフラグを立てるのと
計測結果を得る API を提供するだけで、計測自体はほとんど本体で
行われます。


また、カバレッジ測定の外部仕様である lib/coverage.rb はもっと
検討する事項があります。こっちについてはもうちょっと考えた後で
別スレッドで意見を募りたいと思います。

-- 
Yusuke ENDOH <mame / tsg.ne.jp>