ワナベです。

08/04/01 に Nobuyoshi Nakada<nobu / ruby-lang.org> さんは書きました:
> 数回繰り返しましたが、Linuxでもmingwでも再現できませんでした。
>  mingwのコンパイラのバージョンと、CFLAGSなどを教えてください。可
>  能であれば、gdbのバックトレースを見せてもらえると助かります。

すみませんありがとうございます。gcc は SF.net からダウンロードした
gcc-core-3.4.5-20060117-1.tar.gz のものだと記憶しています。

$ gcc -v
Reading specs from c:/MinGW/bin/../lib/gcc/mingw32/3.4.5/specs
Configured with: ../gcc-3.4.5/configure --with-gcc --with-gnu-ld
--with-gnu-as --host=mingw32 --target=mingw32 --prefix=/mingw
--enable-threads --disable-nls
--enable-languages=c,c++,f77,ada,objc,java --disable-win32-registry
--disable-shared --enable-sjlj-exceptions --enable-libgcj
--disable-java-awt --without-x --enable-java-gc=boehm
--disable-libgcj-debug --enable-interpreter
--enable-hash-synchronization --enable-libstdcxx-debug
Thread model: win32
gcc version 3.4.5 (mingw special)

CFLAGS というのは環境変数のことでしょうか?これは空になっています。
ビルド時には Makefile に書かれている -g -O2 だけが有効になっているようです。
念のため付記しますと、WinXP Home の SP2 で一般ユーザで MSYS 上から実行しています。

gdb をかませるとなぜか再現しなくなります。
こちらの環境がどこかで腐っている、と考えるのが一番妥当のように思います。
であれば、SEGV するようなパッチが偶然手元でうまく動いたことも説明がつきます。
何度もお騒がせしました。

-- 
ワナベ